テラスマイル株式会社

サービス

世のため、人のためのことを行い、地域の未来創造に必要とされる存在になる。

「アジア各地の未来戦略に携わり、経済を自発的に回せるようになる地域をたくさん創っていきたい。データを活用してマーケット、競争地域、自地域を分析して、稼ぐポイントを見える化し、戦略の立案に貢献したい」という思いから、テラスマイルという会社をつくりました。

テラスマイルが行っていくのは、農業の底上げです。私自身が5年前、大規模施設農園の運営と再生に携わり、その後、県のアドバイザーとして地域の現場で様々なプロジェクトを経験し、営農の強化と営農支援者の育成を未来に向け解決すべき課題と定めました。私たちはこの課題を「データを活用した経営とサプライチェーンの見える化」によって解決していきます。

テラスマイルは、大きく3つの強みがあります。一つめは「計数力(係数力)」、その産地が持つ暗黙知を形式知化・数値化することです。二つめが「応用力」、オープンデータや数値化した産地データと、テラスマイルが持つ知見とを組み合わせ、新たな知見を抽出することです。三つめが「繋ぐ力」、産地ニーズと企業のシーズとを繋いだり、企業や、県を越えた農産地と繋いだりすることです。この3つの強みをテラスマイル、そして私自身の行動指針としています。

2016年8月より、スタートアップを目指す企業スタイルから、特化したサービスを提供する少数精鋭のスタイルへとシフトしました。テラスマイルはデータを活用したコンサルティングと、地域が潜在的に持つ可能性の発掘に注力し、自治体や企業とチームを組んで、プロジェクトを進めていきます。

未来に向けて取り組んでいく研究があります。それは、農業経営における知見や、シミュレーションロジックのICT化です。農業者に農業経営の現在の立ち位置と分かりやすく処方箋を伝える仕組みを、仮想世界を活用して実現したいと考え、「知見箱」というプロジェクトを立ち上げました。

10年後、私たちは、九州、そしてアジア各地から、未来の町づくりに必要とされる存在になることを目指し、一歩ずつ前に進んでいきます。

テラスマイル株式会社 代表取締役 生駒祐一

会社情報・実績

テラスマイル株式会社 - TERRACE MILE .INC
主な業務内容
  • 経営見える化サービスの導入コンサルティング
  • ICTデータを活用した営農支援コンサルティング
  • ICTの普及と利活用による産地育成支援
  • 新規事業開発支援・コラボレーション
  • 人工知能を活用した次世代農業経営メソッドの開発
主な実績 2014年8月〜2016年9月現在での実績
  • 広域自治体 農業地域・農業生産法人のビジョン策定と経営の見える化・経営シミュレーション)
  • 広域自治体 ICT 農業コンサルティング支援事業(ICT・センサーデータを活用した経営の見える化)
  • 自治体 フードシティ推進プロジェクト(農業へのデータ利活用)
  • 自治体 儲かる農業育成事業(経営力強化プロジェクト)
  • 若手生産者グループ データを活用した経営の見える化と稼ぐ未来の産地づくりプロジェクト
  • 農業生産法人 データを活用した独立農家の経営モデル策定支援 など
  • 企業 新規事業プロジェクト(事業計画策定支援) など
主な委嘱事業
  • (公財)宮崎県産業振興機構 アドバイザー
  • みやざきフードビジネス相談ステーション アドバイザー
  • (公社)宮崎県 六次化プランナー(ICTデータの利活用)
  • 宮崎県農業大学校 非常勤講師
  • 宮崎市成長戦略会議 農業・物流振興部会 農業小部会長
  • 宮崎広域連携協議会 ・農業ICT 専門委員
  • 日本政策金融公庫 九州地区 農業経営サポータ
  • 九州経済調査協会 九州調査月報 コラムニスト
  • 中⼩機構 中小企業大学校 人吉校講師(2017予定)
受賞・採択履歴
その他実績
  • 農林水産省 スマート農業推進フォーラム「ICTベンダーにおける取り組み紹介」
  • スマート農業推進フォーラム
  • 自民党 農林水産業骨太方針策定プロジェクトチーム「農業イノベーションの創出」検討に向けた有識者ヒアリング

事業内容

内容:ICTデータを活用した農業基盤と営農支援の底上げ
テラスマイルでは、ICTデータやオープンデータなどの様々なデータを利活用し、次世代に向けた地域独自の「経営モデルづくり」を行うとともに、そのモデルを活用する地域農業者及び営農支援者の育成を行っております。
  1. 若手生産者・産地後継者向け、営農の見える化による経営感覚の育成
  2. 産地のリーダー生産者・生産グループ向け、ICTを活用した産地営農力の強化(経営シミュレーション、圃場別・農作物別の収支分析、環境制御データを活用した経営分析など)
  3. 農業を核とした地域政策・地域戦略策定のお手伝い ※毎年度1−2件
(自治体・農協・生産法人向け)経営見える化サービスの提供
事業内容・お問合せ先につきましてはこちらに記載しております。
自治体向け ICTデータを活用した営農支援コンサルティング
  1. (地方創生事業を活用した)後継者・担い手の育成
  2. 産地ビジョンと経営モデル(次世代経営指針)の構築
  3. 部会・協議会の経営シミュレーションと事業計画策定支援
自治体向け ICTの普及と利活用による産地育成支援
  1. 農業現場におけるICT利活用についての評価・調査・分析
  2. 環境制御を導入後、習得したセンサーデータを活用した経営分析
  3. 革新的技術・先端設備の導入によるデータでの経営効果検証
企業・金融機関向け 農業分野での新規事業の支援
  1. 経営見える化サービスを活用したサービス企画
  2. 企業シーズと産地ニーズとのマッチング
  3. 新規事業プログラムでのメンタリングやアドバイス
人工知能を活用した次世代農業経営メソッドの検討・開発
  1. コンサルティングを通じた方程式・法則の抽出
  2. ビックデータを農業経営に応用する知見箱の構築
  3. 機械学習を用いた予測・予防・原因分析メソッドの開発

ニュースリリース・活動報告一覧

2016.9
9.26  農林水産省 生産局技術普及課の民間企業・団体等との連携リスト(普及指導員等と連携して活動ができる民間企業)に掲載頂きました。
民間企業・団体等との連携先リストについてはこちら
9.21  佐賀県三養基郡上峰町での上峰塾がスタートしました。
上峰塾についてはこちら
9.18  本社を移転し、Miyazaki Mukasa Projectに参加します。(現在改築中。一般公開は12月以降を予定)
Mukasa Projectについてはこちら
9.13  西都ハッピーマンの今シーズンがスタートしました。
西都ハッピーマンの活動についてはこちら
9.2  第1回いわてICT農業祭に出展しました(ソフトバンク・テクノロジー社との共同出展)
9.1  九州調査月報9月号に寄稿しました。「アグリプレナーの実践“西都ハッピーマンの描く未来の産地経営”」
9.1  テラレポートをリリースしました。
ソフトバンク・テクノロジー㈱のニュースリリースについてはこちら
テラレポートの詳細についてはこちら
2016.8
8.2  トーマツベンチャーサミットに出展しました(ソフトバンク・テクノロジー社との共同出展)
2016.7
7.28  アグリビジネスジャパンにてトーマツベンチャーピッチに参加しました。
7.26  農林水産省 スマート農業推進フォーラムにて登壇しました。
農林水産省 スマート農業推進フォーラム開催報告
7.26  農林水産省 スマート農業推進フォーラムに出展しました(ソフトバンク・テクノロジー社との共同出展)
7.1  大分経済経営研究所 「おおいたの経済と経営」に掲載頂きました。
2016.6
6.1  ソフトバンク・テクノロジー社との業務提携を発表しました。
6.1  みやざき調査月報に寄稿しました。「宮崎発 農業におけるデータを活用した産地経営、担い手育成支援」
2016.5
5.11  トーマツ Morning Pitchにて登壇しました。
5.10  自民党 農林水産業骨太方針策定プロジェクトチーム「農業イノベーションの創出」検討に向けた有識者ヒアリングにて取り組みを紹介しました。
河北新報 記事
〜2016.3
3.1  九州経済白書2016に掲載頂きました。
1.13  朝日新聞 地方を創る 若い力「九州発 Next30」に推薦頂きました。
2015.11.26  地方創生まちづくりEXPO『まちてん』にて登壇しました。
2015.11.9  USJC(US Japan Council)にてパネルディスカッションに登壇しました。
2015.9.11  創業手帳に掲載いただきました。
【第一回】「日本の農業を世界に仕掛ける」新進気鋭のベンチャー・テラスマイル
【第二回】「儲かる方程式」で日本の農業を救う!テラスマイルの強さを徹底解剖
2015.8.17  ICT地方行政フォーラムにてパネルディスカッションに登壇しました。
2015.6.15  Change Makersに掲載いただきました。
地方発「農業+IT」で地域活性化に挑む:ビッグデータ技術とコンサルティングが農業を変える
2015.5.21  ZD Net Japanに掲載いただきました。
経産省も参画へ--日本IBM、ベンチャー支援「IBM BlueHub」第2期を開始

お問い合わせ

農業の現場を基軸に活動しているため、会社への電話番号を記載しておりません。ご面倒をおかけしますが、お問い合わせにつきましては、業界・目的をご確認いただき、以下のアドレスまでお願いいたします。(なるべく早くご返信いたします。 生駒祐一)

・行政関係、自治体、普及センター関係者の皆様:sousei@terasuma.jp
・青年部会、協議会、組合、農業者グループの皆様:ninaite@terasuma.jp
・取材・セミナー講演・人材育成他:terasuma@terasuma.jp
・企業関係者の皆様(アライアンスなど):
 基本的には、業務提携をしておりますソフトバンク・テクノロジー株式会社に、サービスの詳細説明や、企業様とのアライアンス調整を委託し、弊社は地域現場での課題解決と改善に注力しております。
  ソフトバンク・テクノロジー株式会社 お問い合わせページはこちら
自治体実証事業・コンサルティングについてのお問い合わせ
問い合わせ先:sousei@terasuma.jp
セミナー・勉強会についてのお問い合わせ
問い合わせ先:ninaite@terasuma.jp
セミナータイトル:ICTデータを利活用した次世代農業経営・営農支援
 ※目的:地域を担う次世代生産者の経営感覚向上、営農支援者の支援力向上など。
 ※費用:九州・関東以外の地域につきましては、交通費をご相談させて頂きます。
サービスの詳細説明・アライアンスについてのお問い合わせ
本サービスはソフトバンク・テクノロジー株式会社と業務提携を結んでおります。サービスについてのお問い合わせは、以下に記載されております、お客様窓口までお問い合わせをお願いいたします。
ソフトバンク・テクノロジー株式会社 お問い合わせページはこちら
※ソフトバンク・テクノロジー株式会社 お客様窓口 TEL:03-6892-3154

テラレポートのサービス説明についてはこちら
※直接問い合わせをご希望される場合はこちらまで: terasuma@terasuma.jp
その他(取材・セミナー講演・人材育成他)
問い合わせ先:terasuma@terasuma.jp
※大変申し訳ありません。興味を持っていただくことは非常にありがたいのですが、現在テラスマイルでは人材採用は行っておりません。